セイコープロスペックスオンラインショップ限定モデル 最大65%OFFクーポン タートル 大きい割引 TURTLE

セイコープロスペックスオンラインショップ限定モデル タートル 「TURTLE」

セイコープロスペックスオンラインショップ限定モデル タートル 大きい割引 TURTLE aecostamatos.pt,メンズ , 時計 , 腕時計(アナログ),/fiddlestring718609.html,12900円,セイコープロスペックスオンラインショップ限定モデル,「TURTLE」,タートル 12900円 セイコープロスペックスオンラインショップ限定モデル タートル 「TURTLE」 メンズ 時計 腕時計(アナログ) 12900円 セイコープロスペックスオンラインショップ限定モデル タートル 「TURTLE」 メンズ 時計 腕時計(アナログ) aecostamatos.pt,メンズ , 時計 , 腕時計(アナログ),/fiddlestring718609.html,12900円,セイコープロスペックスオンラインショップ限定モデル,「TURTLE」,タートル セイコープロスペックスオンラインショップ限定モデル タートル 大きい割引 TURTLE

12900円

セイコープロスペックスオンラインショップ限定モデル タートル 「TURTLE」

商品の状態新品、未使用
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法らくらくメルカリ便
発送元の地域埼玉県
発送までの日数4~7日で発送









【セイコー プロスペックスオンライン限定モデル タートル SBDY041】 “TURTLE”特別カラーモデル。 程よいサイズと長期間飽きずに使えるデザイン。セイコー プロスペックスから「タートル」のオンラインショップ限定モデル。 「TURTLE」のニックネームを持つ海外で絶大な人気を誇るモデル。日本では2018年4月に発売が開始されて以来人気のシリーズ。名前の由来は丸みを帯びたケース形状が「 亀の甲羅 」のように見える事から海外の熱烈なファンによってネーミングされているとの噂。 商品は人気のブラックケースに鮮やかなグラデーションダイヤルを採用、ベゼルは人気の青×黒のコンビ。 長針にはこれまでにない蛍光色の針を採用しオンラインショップ限定らしい遊び心のある仕上がり。 駆動方法 機械式(自動巻き) キャリバー 4R36 防水性能 200m空気潜水用防水 ケース ステンレススチール (硬質コーティング) ガラス ハードレックス ベルト シリコン 重量 約109g サイズ (縦x横x厚さ) 約47.7×45.0×13.0mm 機能 精度:日差+45秒〜−35秒 駆動時間:最大巻上時約41時間持続 ルミブライト:あり(針・インデックス) カレンダー:日付表示 捲き方:自動巻(手巻つき) 石数 24石 秒針停止機能 [参考価格]定価 66,000円 購入後に試しに着けてみた程度の新品、未使用品です。タグ等の付属品すべてあります。 マットブラックのボディに、ダークブルーの文字盤、ライムの長針、カッコいいですよ。 限定商品の為、流通数も少なく、おそらく今後、使用品、中古品は出てきても、新品、未使用品はなかなか出品されないレア物だと思います。 これ位の金額で、売却出来ないようなら、将来的には価値上昇(セイコー時計の海外評価がたかまってきている)の可能性も十分考えられ、自分用に取っておこうと思います。 #セイコー #SBDY041 #プロスペックス #ダイバーズ #限定 #タートル

セイコープロスペックスオンラインショップ限定モデル タートル 「TURTLE」

セミナー 2021.12.27
小宮俊弁護士の講演予定

開講日:2022年1月21日(金)13:30~15:30

テーマ:「令和3年銀行法等改正の概要と金融実務への影響

〜銀行、信用金庫・信用組合、保険会社を対象に〜」

主 催:株式会社金融財務研究会・株式会社経営調査研究会

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

法律コラム 2021.12.21
建物賃貸借における留意点についてコラムを掲載しました。
ニュース 2021.12.20
asturias *ソロウクレレ*Maho* ストラップピン付き
ニュース 2021.12.20
Chambers & Partnersが発行するChambers Asia-Pacific 2022において、錦野裕宗弁護士がJapan – Insurance分野で高い評価を受けました。
セミナー 2021.12.16
2021年11月24日開催の中央総合法律事務所ウェブセミナーの動画を掲載しました
論文 2021.12.15
FinTech Journalに、小宮俊弁護士の解説『2021年施行「銀行法等改正」「資金交付制度」とは? 知っておくべき重要論点まとめ』が掲載されました。
セミナー 2021.12.14
小宮俊弁護士の講演予定

開講日:12月21日(火)13:30~16:30

テーマ:「2021年銀行法等改正・資金交付制度の概要と 地域金融機関の実務への影響」

主 催:株式会社セミナーインフォ

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2021.12.27
小宮俊弁護士の講演予定

開講日:2022年1月21日(金)13:30~15:30

テーマ:「令和3年銀行法等改正の概要と金融実務への影響

〜銀行、信用金庫・信用組合、保険会社を対象に〜」

主 催:株式会社金融財務研究会・株式会社経営調査研究会

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2021.12.16
2021年11月24日開催の中央総合法律事務所ウェブセミナーの動画を掲載しました
セミナー 2021.12.14
小宮俊弁護士の講演予定

開講日:12月21日(火)13:30~16:30

テーマ:「2021年銀行法等改正・資金交付制度の概要と 地域金融機関の実務への影響」

主 催:株式会社セミナーインフォ

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2021.12.11
赤崎雄作弁護士、髙橋瑛輝弁護士、宮本庸弘弁護士の講演予定

開講日:12月15日(水)10:00

テーマ:「2022年6月施行 公益通報者保護法の改正法と損害保険適用のポイント」

主 催:マーシュジャパン株式会社/弁護士法人中央総合法律事務所

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

(マーシュジャパンのオンラインセミナー申込みフォームに移動します。)

セミナー 2021.11.02
國吉雅男弁護士の講演予定

開講日:11月26日(金)9:00~11:30

テーマ:「金融機関等に求められるマネロン・テロ資金供与対策の要点-FATF第4次対日相互審査報告書を踏まえ-」

主 催: 金融ファクシミリ新聞社

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2021.11.01
中央総合法律事務所Webセミナーの予定

2021年11月24日(水)17:00~18:00

テーマ:「内閣府令・監督指針等のパブコメ回答を踏まえた令和3年銀行法等改正の解説」

講師:本行克哉弁護士、小宮俊弁護士

受講料:無料

開催方法:Zoomを使用して開催します。事前登録制となります

こちらからご登録いただけます。ご登録後、セミナー参加に関する確認メールが届きます。

セミナー 2021.10.04
中央総合法律事務所Webセミナーの予定

2021年10月27日(水)17:30~18:30

テーマ:「内部通報担当者必聴!2021年(令和3年)10月13日公表『公益通報者保護法の指針の解説』についての速報解説会」

講師:赤崎雄作弁護士、大澤武史弁護士

受講料:無料

開催方法:Zoomを使用して開催します。事前登録制となります

こちらからご登録いただけます。ご登録後、セミナー参加に関する確認メールが届きます。

論文 2021.12.15
FinTech Journalに、小宮俊弁護士の解説『2021年施行「銀行法等改正」「資金交付制度」とは? 知っておくべき重要論点まとめ』が掲載されました。
論文 2021.11.25
金融法務事情 No.2174(2021年11月25日号)に、國吉雅男弁護士が執筆した論稿『銀行法業務範囲規制の存在意義とリスク管理の高度化』が掲載されました。
論文 2021.11.10
旬刊商事法務 №2277(2021年11月5日号)に、小林章博弁護士が執筆した論稿『取締役会の法務Ⅵ・完-取締役会決議の瑕疵、取締役会の議事録-』が掲載されました。本稿は連載「取締役会の法務」として全6回の掲載を予定しており、今回は第6回です。
論文 2021.11.04
旬刊商事法務 №2276(2021年10月25日号)に、小林章博弁護士が執筆した論稿 『取締役会の法務Ⅴ-決議事項と報告事項(2)-』が掲載されました。 本稿は連載「取締役会の法務」として全6回の掲載を予定しており、今回は第5回です。
論文 2021.11.04
旬刊商事法務 №2275(2021年10月5・15日号)に、小林章博弁護士が執筆した論稿 『取締役会の法務Ⅳ-決議事項と報告事項(1)-』が掲載されました。 本稿は連載「取締役会の法務」として全6回の掲載を予定しており、今回は第4回です。
論文 2021.11.01
米国の法律事務所にて客員弁護士として勤務中の本行弁護士の連載記事『最新 米国レポート 法務&金融情報発信局』が銀行法務21 No.877(2021年11月号)より掲載開始となりました(第1回「米国のロースクールと日本の法科大学院の違い」)
論文 2021.11.01
銀行法務21 No.877(2021年11月号)に、金澤浩志弁護士、髙橋瑛輝弁護士が執筆した論稿『FATF第4次対日相互審査の結果を踏まえて金融機関に求められるAML/CFT態勢の高度化』が掲載されました。